黒湯の温泉と滝の湯と@大江戸温泉物語 幸雲閣

宮城県大崎市
鳴子温泉

大江戸温泉物語 幸雲閣

価格破壊的
直前割りでポチっ

また滝の湯に行けるよろこび

幸雲閣

ちょっとはやめについてチェックインはやっぱりむり
確信犯的滝の湯の無料券もらって滝の湯
日中は適温なんです

幸雲閣

あぁ超気持ちぃぃ

そうこうしているうちにお時間です
ここは黒湯と白湯の2本の源泉をもつ希少な温泉

6F大浴場の泉質は黒湯
黒いのに手ですくうとそうではない不思議

幸雲閣

湯量ちょろちょろでも
いいお湯です

1F百畳露天風呂ははなれに
脱衣場からドアをあけると1・2歩でお風呂
こちらは湯量たっぷりだけどなんだか落ち着かない不思議

食事は感情を押し殺してそうそうに済ませる
海鮮の種類が多いけど・・
そういうことです

これじゃお湯は満点でもトータル55点になるなぁ

20時滝の湯への無料送迎で滝の湯再び
夜は熱ぃ熱ぃ爪がはがれるような痛悦

滝の湯

ますやのロビーでバス待ちをしてると
フロントのスタッフさんから

滝の湯の泉質は角質を浮かせて
ますやの泉質はそれをスベスベにするから

是非入ってくださいと誘われて
もちろん無料

僕のくすんだ膝や肘が
赤ちゃんのようです(笑)

朝食も感情は飲み込む
ここは朝食を楽しみに来てるわけじゃないので・・
そういうことです

朝湯のあと
11時までゆっくり2度寝して

とにかくお値打ちです

幸雲閣 ★★★

滝の湯 ★★★★★



にほんブログ村


関連記事

Tag:温泉

Comment 0

WHAT'S NEW?