あいかわらず太くてどこまでも長いやみつきそば@青葉直利庵vol.5

岩手県一関市
青葉

青葉直利庵

青葉直利庵

大天もり(1150)おねがいします

青葉直利庵

特大衣の海老天
ローカルピープルはこれを分解する

本来の海老天と余分な衣に
ごちそうと薬味的に

もちろん飛び散って周囲に迷惑を掛けないように
麺つゆをかけて分解する(笑)

青葉直利庵

海老天は割高にも見えるけど
飛躍的に旨みが増すし
そののびしろは計り知れない(笑)

青葉直利庵

つゆと薬味
あまじょっぱさとピリ辛のハーモニー
これがたまらないんだなぁ

そばなんだけどモグモグ
すすれないからモグモグ

青葉直利庵

最後に大量の蕎麦湯を流し込んで
動けなくなるのはいつものこと(笑)


★★★☆


にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村


関連記事

Tag:そばうどん 大盛りを超えるお店

Comment 2

Wed
2015.06.03
21:07

アメジスト #-

URL

No title

蕎麦なのに結構つなぎが多い感じですね?のどごしより食べごたえのあるお蕎麦って感じ(・v・`)
海老天が纏う衣は相撲レスラーの着ぐるみのようなボリューム(笑)
山形にもかき揚げが食べごたえあり過ぎて笑っちゃうお蕎麦屋さんががありますよ(`・ω・)
かき揚げが硬すぎて、一口サイズにわろうとした割り箸が折れる客が続出!常連はツユをかけてふやかして食べるのです(笑)

Edit | Reply | 
Thu
2015.06.04
07:12

ジュルアーノ #-

URL

アメジストさん

なるほど、山形でも同じ様な光景があるんですね。
でも、ここのそばはそばとしてはわかりませんが、
食べものとしてはいかしてます(笑)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?