第2週目 鳴子ホワイトアウト@鳴子観光ホテル

宮城県大崎市
鳴子温泉

2週目

鳴子の湯に浸かっている間は
どうやら違和感を忘れられる

もはや現実逃避の湯治です

バイキングにすこし戸惑いを感じたので
会食膳の宿

鳴子観光ホテル

鳴子観光ホテル

何度か訪れたオキニイリ鳴子ホテルとはとなりどおしだけど
なにかとひかくするのはやめておこうと決めていた
今回は会席膳をのぞんだんだから

車をつければ係の方が駐車場へはこんでくれます

訳ありじゃないのはひさしぶりだったこともあって
チェックインはいくぶん浮かれてしまいました

鳴子観光ホテル

まぁ正確には宮城ふっこう割りをつかってほぼ半額なので
訳がないわけではなかったけど

チェックインでは即行滝の湯のチケットをおねがいします
ホテルから滝の湯までは至近なのです

鳴子観光ホテル

ウェルカムドリンク

鳴子観光ホテル

15:00~18:00はラウンジでセルフのフリードリンク
コーヒー・リンゴ酢・オレンジジュース・紅茶・チョコレートドリンク
セルフですがなかなか上等なドリンクでおすすめはチョコレートドリンク

鳴子観光ホテル

部屋はごくオーソドックスです
経年劣化と硫黄にやられて金属部は黒ずんでいたりしてますが
清掃はきちんとされています

鳴子観光ホテル

お着き菓子のくるみゆべしも美味しい

鳴子観光ホテル

お風呂やトイレのドアが木の引き戸っていうのもなかなかあじがあります

鳴子観光ホテル

なによりココ 「くう・ねる・温泉」はなかなかなんです

鳴子観光ホテル

温泉は大浴場と露天風呂だけで男女入れ替えもないけど
大浴場は高天井で湯気がモクモクのホワイトアウト

鳴子観光ホテル

視界が悪いともいえるけど

夜窓を背に湯に浸れば
浴場全体が湯気に溶け込んでインフィニティ―プールのよう

鳴子観光ホテル

その中でライトの光だけが浮かび上がって幻想的です

かってに部屋食だと思っていたらそうではなくて
4Fはまなす

鳴子観光ホテル

これぞ牛タン
普段牛タン屋さんで食べるのよりずっと上等です

鳴子観光ホテル

三元豚のしゃぶしゃぶ
鳴子観光ホテル

しゃぶしゃぶはそんなに得意じゃないけど
ポン酢タレがとてもいいです
鳴子観光ホテル

鳴子で刺身がウマぃというのなかったけどこれはウマぃ

鳴子観光ホテル

ごはんもきのこたっぷりの味噌汁もぃぃ

デザートのわらび餅も黒蜜たっぷりかけて
これはもう極上の域

鳴子観光ホテル

バイキング一辺倒はなんだか損してるなぁと思いました

式布団はまるでエアウィーヴ的でぐっすり
鳴子観光ホテル

これもよかったなぁ
鳴子観光ホテル

朝は真新しい会場でのバイキングになっていました

鳴子観光ホテル

ライブキッチンこそ厚切りベーコンをあたためてるだけの感じでしたが
どれもとりわけたいと思うような料理が並びます

サラダのドレッシングには近所にある「肉のしばさき」の
しば・ドレが用意されていました

どれもきっときちんと監修されているようで
ただレシピどおりつくられた工場の味のようでなにかがたりないような
おしい感じです

鳴子観光ホテル

ごはん・ヨーグルト・コーヒーはおいしぃです
夕食がよかっただけに期待しすぎました

お風呂は1つで男女入れ替えもないので
躊躇なく滝の湯へ向かえるのがむしろぃぃ

朝は貸切風呂もお得です

鳴子観光ホテル

会食膳はいいなぁと思える夕食がとても美味しい宿でした


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジュルアーノ

良質なニク・さとう・アブラを求めて
きょうもハラペコセンサー全開です。

いま食べたランチを僕のかってな感覚で
その情景をお伝えします。

食べ歩きを手始めに
いつか立派な旅人になってやるのダ。

The world is a book and ..

カテゴリー